アラキド酸は食材から摂取できる?

トップページ > アラキド酸は食材から摂取できる?

アラキド酸は食材から摂取できる?

健康な体と脳を保つためには、アラキド酸が欠かせません。アラキド酸は人間の体で生成される成分で、脳だけでなく、さまざまな部分に存在しています。積極的にアラキド酸を補給するためには、サプリメントを利用すると便利です。

 

アラキド酸も他の成分と同様に、年齢の増加とともに減少していくことが分かっています。減少した分を補うためには、サプリメントや食材から摂取しなければなりません。
日頃の食生活でアラキド酸を摂り入れるなら、牛レバーや豚レバー。脂の多い豚もも肉、鶏もも肉、鶏皮、卵などの食材がおすすめです。これらの食材にはアラキド酸が豊富に含まれています。

 

ただ、1日に必要なアラキド酸の摂取量は200gとされています。これだけの量のアラキド酸を摂取するためには、卵なら3個は食べなければなりません。また、レバーやもも肉なども摂り過ぎると健康を害する恐れがあります。コレステロール値が上昇したり、肥満の原因となる場合もありますから、食材から毎日アラキド酸を摂ることは現実的ではありません。

 

健康な体を保ちつつ、アラキド酸を効率よく補うためには、やはりサプリメントの利用が最も適しています。
アラキド酸サプリメントには、他にも有効成分が配合されています。DHAやEPAといった体に嬉しい成分が一度に補えて大変お得です。
サプリメントを選ぶ際は、配合成分の含有量や価格で比較してみると良いでしょう。継続的に摂取することが望ましいですから、購入しやすいサプリメントを選んで下さい。